ほとんど利用されなかった林地残材や食品残渣など、無限にある資源を原料とする「粉炭」で、地球を守ろう。

石炭混焼における木質チップと粉炭の比較

木質ペレットは、バイオマス燃料としてバイオマス発電などに大々的に使用されていますが、粉炭の場合は従来多量生産ができなかったため木質ペレットのようには扱われていません。
山仙プール式炭化平炉の開発によって多量生産が可能になったので、改めて両者の比較を石炭混焼の面から行ってみました。

木  屑 粉  炭
原  料 木材丸太利用 バーク、枝葉、丸太など、林地残材利用可
熱  量 2,000~3,000Kcal 5,000~6,300Kcal
受入設備 木屑用粉砕設備が必要 石炭と混合粉砕が可能
品  質 バラツキあり 安定
破砕性 石炭に比べて悪い 石炭に比べて良い

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 0856-52-3038 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 有限会社山本粉炭工業 All Rights Reserved.